ヤレる会話の流れ

では会話の流れについて考えていこう。十通、もっと頑張れるなら数十通送ったところでいいレスポンスがいくつか返ってきていると思う。

その中から会話が続きそうなものを選ぼう。話題的に行けそうなものを特に選ぶ、ギャル文字等で返事がきたら管理人はパスすることにしている。口説くよりも解読に労力をつぎ込むことになるからだ。
そういう時、多くの場合で労力が無駄になる。
ただ、当然ギャル文字を使う子は若い子が多いのでどうしても若い子がいいんだ!という方は狙ってみるのもいいかもしれない。

『ギャル文字 辞典』等で検索すれば結構サイトが出てくるので解読の役に立つだろう。
会話をする相手を選ぶときにもう一点注意がある。写メールだけで選ばないことだ、写メには、詐欺写メ、詐欺プリという現実よりも大分可愛くとる技術があるのであまりあてにならない。

ある程度慣れてきたら写メからも判断できるようになるので慣れてくるまでは当たり外れも覚悟してとにかくヤリ倒そう。

出来る限り絵文字を使って明るく話そう、自分のことを語るときは駄目なところを一つに対していいことを三つくらいのペースで話していこう、いい印象を持たせることが重要だ。

とにかく明るく会話を続けていくことで遊びや食事の誘いをしてみる。かわされたらまだ会話が足りないということだ。
いけそうな女には下ネタも結構いい。オナニーをするかどうか聞いて『やる』と答えてくれる女はかなり脈ありだ。