イメージが変わった

出会い系というとやはり聞こえがあまりよくないし、いいイメージがないと思います。

しかし自分の中では出会い系でもちゃんとした出会いであると思ってます。

今はもう結婚して子供もいるので出会いは求めていませんが、昔、いつもの生活の中では出会いがないと思ったので、半信半疑でしたが勇気を出して出会い系に登録した事があります。

こちらは女だという事もあったので何だか怖かったし、なるべく素性は出さないままでメールなどのやり取りから始めました。
最初からむやみに会いたがるような人は怖かったので、メールもやり取りはやめました。

自分の事も色々話してくれて、こちらに気を使ってくれるような人とはやはりどんどん話が弾み、実際にお会いしたりもしました。

みんな思っていた人と全然違う!というような事はなく、いい人ばかりで、こういった出会いも手段が違うだけで普通にあるものなんだなと実感しました。

告白されてお断りしたり、いいなと思った人に他に彼女ができてしまったり、実際にお付き合いしたりと、今までした恋愛と同じような経験もしました。

恋愛には発展しなくても仲のいい友達になって今だに友達として続いている人もいます。この経験があったから偏見がなくなって、これも出会いの1つだと思えました。

異性だけでなく、同性の人ともネットで知り合って仲良くなり、遊びに行ったりもしました。

出会い系が普及してなかったら全国に友達ができるなんてまずなかったと思います。こうした貴重な経験をさせてくれた出会いに今でも感謝しています。

怖い部分も今だに多い出会い系ではありますが、自己責任を持ち、軽はずみな行動などがなければ素敵な出会いもたくさんあるものです。